Windows 8のサポートは2016年1月12日に終了しており、Windows 8.1以降にアップグレードする必要があります(Windows 8.1の延長サポートは2023年1月10日まで)。 ”Windows 10の導入&PC移行&操作&設定&活用”についてはコチラ か以下で検索

Windows 8スレートPC(タブレット)を再検証する②Windows 8のアドバンテージとメリット

Windows 8対応スレートPCには、他のタブレットにない様々なアドバンテージがある。 筆者は「iPad」「Androidタブレット」も持っており、それぞれの特徴もよさも把握しているが、まずWindows 8対応スレートPCのアドバンテージとしてあげなければならないのが「デスクトップが動く」という点だ。

Windows 8タブレット解説

iPadもAndroidタブレットも優れたタブレットであり、Webブラウズやメール、FaceBook等々のSNSを行う際にはもはやPCと同様(持ち歩き時の操作UIとしてはデスクトップを超えた)の使いこなしが行える。
しかし、データ編集やコンテンツ作成を行う際には「Windows OSのデスクトップ」のほうがはるかに便利であり、アプリもツールもそろっているうえに、アプリ間で連携がしやすい。

Windows 8タブレット解説

しかも、タブレットとしてある意味追求すべきであるタッチ操作には最適化しきれないデスクトップだが、その点はメトロスタイルで補えるため、1台で両刀遣いができるのがWindows 8スレートPCといえる。

Windows 8タブレット解説

また、忘れてはいけないのはWindows 8スレートPCは「USB端子」を搭載しているという事実だ。
iPadやAndroidタブレットでも、どこぞからで売っているUSB端子を導入すればUSB機器を扱えないわけではない。しかし、そもそもがUSB機器の利用を想定していないため対応には限界がある。

Windows 8タブレット解説

しかし、Windows 8スレートPCは「標準搭載」であり、また世の中にあるUSB対応機器における事実上すべてのUSB機器を扱うことができることが大きな特徴といえよう。

Windows 8タブレット解説

Windows 10 完全制覇パーフェクト Microsoft MVP執筆

■■ Windows記事を抽出■■

帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


■■ Windows記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

このWebについて

    ※個人サイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(まとめサイトや有料媒体の方は事前にご連絡願います)。