Win10jp のカテゴリ [Win8アプリ] の最新記事

マルチタッチの確認S7SとBIBLO~Windowsストアアプリ~

Windows 10上級リファレンス Windows 10 上級リファレンス ~Windowsを究める最高級の設定&カスタマイズ~
歴代のWindows OSの中でも最高の完成度を誇るのはWindows 10であると断言できる。Windows 10は、歴史を重ねてきたからこその磨き抜かれた点もあれば、あえて自身を一度否定したうえで新しく作り直したからこその秀逸な機能&未来につながる機能もある。本書はこのようなWindows 10の歴史やシステム、魅力的でかつ難解な仕様や機能、そして時には問題点にまで切り込んで、その特性を踏まえたカスタマイズや使いこなしの解説を行っている。
Windows 8のスレートPCは「5点タッチ以上」が仕様だが、実は2点タッチマシンでもあまり困ることはない。
筆者は自分の周りにWindows 8対応マルチタッチマシンが1、2、3・・・6台存在するが、2点タッチマシンで操作に困ることはない。
ここでは、8点タッチ対応シリーズ7スレート:XE700T1A(S7S)と、2点タッチ対応FMV BIBLO MT/E50Nを比較してみよう。
比較を行うには、マルチタッチ対応アプリを使うのが良く、ここではWindowsストアアプリの「My Baby Piano」を利用してみた。
マルチタッチの確認~Windowsストアアプリ~
8点タッチ対応スレートであるS7Sだが、「My Baby Piano」では5点タッチまでしか認識することはできなかった。これはアプリの仕様上によるものらしく、6点タッチするとむちゃくちゃな認識になる。
マルチタッチの確認~Windowsストアアプリ~
一方、2点タッチ対応コンバーチブルタブレットPC BIBLOは、当たり前だが2点までしか認識しない。面白いのは3点以上タッチしてもあくまでも2点までしか認識せず、S7Sのようにむちゃくちゃな認識はしない。
マルチタッチの確認~Windowsストアアプリ~
蛇足だが、iPad版は10点タッチまできれいに対応する・・・う~ん。

Windowsスタイル電子書籍アプリ「厳選Windows7テク」公開中

帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112
Microsoft MVP5人+IT Professionalチーム+A子さんで作成した
電子書籍 「厳選Windows7テク~サンプルダイジェスト版」
「ストア」の書籍カテゴリに無料公開中です。

[ダウンロードはこちらから]
Windowsスタイルアプリ公開中

「厳選Windows7テク~サンプルダイジェスト版」 は、
画面の回転(縦横表示)、検索チャームからのキーワード検索、 セマンティックズーム等々一通りの機能に対応しています。
Windows 8 RTM/Windows 8 RPユーザーの皆様は、
ぜひインストールして、お試しください。

後日、このアプリをベースとした「厳選Windows 8テク[タッチ操作対応版]」をリリースします。 Windowsスタイルアプリ公開中

電子書籍でタッチ操作を学べる「Windows 8操作」アプリ公開!!!! 動画対応!!!

Windows 10上級リファレンス

[タッチ操作対応版]  [12ページまで無料!]
厳選Windows 8テク ~かゆい所に手が届く~
[動画でタッチ操作を確認できる]

Windows 8専用電子書籍「厳選Windows 8テク」
Windows 8の基本的なタッチ操作テクニックを知りたければ、この一冊!
Microsoft MVP(Microsoftが認定したIT Pro)が作ったWindows 8対応、電子書籍!
タッチ操作を図解で解説!!
タッチ操作を動画で確認!!
検索チャームから本文キーワード検索!
横表示はもちろん、縦表示(ポートレートモード)にも対応!
セマンティックズーム対応!
アイコン&挿絵はあのスーパーデザイナー「A子」さん!
日本語の美しい組版を「世界」に発信!!
ポケット百科 Surface Pro (2017 5th) 知りたいことがズバッとわかる本 Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本
Surface Proの「本体機能(各種インターフェース、タッチディスプレイ、キックスタンド)」「周辺機器(タイプカバー、Surfaceペン、ワイヤレスディスプレイ、USB/Bluetoothデバイス等々)」「Windows 10(デスクトップ全般、画面スケッチ、日本語入力、省電力管理、各種最適化カスタマイズ等々)」「アプリ(Microsoft Office、OneNote、メール、カレンダー等々)」「モバイル(タッチ操作、タブレットモード、バーチャルタッチパッド等々)」「ネットワーク(Wi-Fi接続、OneDrive、スマホ連携等々)」「セキュリティ(PC管理、マルウェアスキャン、顔認証等々)」などの操作&設定&新機能に焦点をあてて、Surfaceならでこそのアドバンテージやテクニックを余すことなく解説します。
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応 ネットワーク 上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応   
10だけではなくWin 8.1/7にも完全対応! ルーターの詳細設定&最適化 無線LANパフォーマンス&セキュリティの追求 共有フォルダー設定とセキュアな管理 DLNA(DTCP-IP)によるメディア共有 ダイナミックDNSによる遠隔アクセス iOS&Androidからのファイルアクセス&メディア再生 資格情報によるスムーズなアクセス Windowsファイルサーバーの超低コスト構築&管理 リモートコントロール&リモート電源 Windows 10 MobileのMiracast/Continuum ネットワークカメラによる遠隔監視 グループポリシー&レジストリカスタマイズ 物理ネットワーク配線最適化&二重ルーターの解決
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    http://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 http://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 http://mvp.microsoft.com/


  • ※書籍等の執筆/インタビュー/講演セミナー等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。


■■ Windows記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

このWebについて

    ※個人サイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(まとめサイトや有料媒体の方は事前にご連絡願います)。