Win8搭載PCレビューの最近の記事

Windows 8タブレット「Series 7 Slate(XE700T1A)」-その圧倒的な長さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10上級リファレンス
Windows 8タブレット(スレートPCという言い方もする)のディスプレイの最小要件としては、「1366×768ドット以上、5ポイント以上のマルチタッチ」というものがある。
実際に今販売されているスレートPCのほとんどは「1280×800ドット」なので、最小要件を満たさないことと(じゃあ動かないのかといえばそんなことはないのだが、すべての機能を使えない)、5ポイント以上のマルチタッチというのは意外と敷居が高い。
Windows 8タブレットのほぼすべての要件を満たした数少ないスレートPC・・・それが「シリーズ7スレート:XE700T1A(国内未発売)」であり、写真の機種だ(まあ厳密に言うと、Bluetooth4.0ではないのだが・・・)。
デフォはUS版Windows 7 Home Premiumだったが、日本語版Windows 7 Ultimate+Windows 8DPのマルチブートに入れなおしている。
XE700T1A Series 7 Slate

いわゆる「Windows 8のリファレンスモデル」であり、Windows 8タブレットの癖にホームボタンや前後カメラ、ジャイロスコープなどのiPadやAndroidタブレットのような仕組みを持ち、またUSB端子(もちろんホスト)なども備える。
ちなみに、「1366×768ドット」というのは、意外に横長というかちょっとびっくりするサイズであり、iPadが1024×768ドットであることを考えると、純粋に300ドット以上横に長くなったことになる。
その比較が、以下の写真だ(iPad2 vs Series 7 Slate)。
XE700T1A Series 7 Slate

ちなみに次回からは、「本当にWindowsタブレットは使い物になるのか」を検証していこう。 蛇足だが、筆者はWindows書籍を数多く(たぶん20冊以上)執筆しているものの、タブレット最強というかトータルバランスは今のところiPad 2だと思っている(Androidタブレットも持っている)。

が、しかし・・・

ものすごく仲が悪い三兄弟

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10上級リファレンス
仲が悪い三兄弟
ある時代のこと、ものすごく仲の悪い3兄弟がいました。
3兄弟は血筋的には同じSが入っているにもかかわらず、お互いが相容れようとはしませんでした。
ちなみに現在は、階級(サイズ)が違うことで、かろうじてにらみ合いだけの段階です。
しかし、骨肉の争いは避けられないでしょう。
この世界、パワーのあるヘビー級が勝つとは限らないところが面白いところです。
父は、お互いのよさを引き出しながら、皆成長して共存してほしいと切に願っています・・・

Windows 8 vs iPad vs Androidタブレットの自動回転・・・仲の悪い3兄弟物語バトル Round01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10上級リファレンス
Windows 8スレートは傾きを検知して表示方向を変更する「自動回転」に対応している。iPadやAndroidタブレット同様だ。
ただし、iPadのように縦・横表示でも違和感のない表示というのは考えておらず、16:9の縦表示というのは「長すぎる」という側面もあり、特にメトロ画面の縦表示は明らかに違和感がある。ちなみにWindows 8スレートは2画面表示できる「スナップ表示」に対応しているが、縦表示にするとスナップ表示が解除されてしまう。
仲が悪い三兄弟
仲が悪い三兄弟

iPadの画面は以下のようになる。まったく違和感がなく美しいが、Windows 8やAndroid OSのようにタイルやウィジェットで情報表示を行うという機能がそもそもない(しかしiPad第三世代は2048×1536の高解像度なので、キャプチャー画像を扱う立場としては重くて大変だ・・・)。 仲が悪い三兄弟
仲が悪い三兄弟

ちなみに「Androidタブレットは?」と思うかもしれないが、Android OSは「ホーム画面アプリを選択できる」仕様なので、答えから言えばホーム画面アプリ次第だ。
画面は「LauncherPro」。高解像度Androidタブレットでもスムーズに動くのでオススメだ。 仲が悪い三兄弟
仲が悪い三兄弟

◎ドライバーズ??ランキング

総合 R1
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
25  25 Androidタブレット
20  20 iPad
16  16 Windows 8スレート
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎マニファクチャラーズランキング

総合 R1
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
25  25 Google
20  20 Apple
16  16 Microsoft
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※結果は試合直後の暫定、現在某兄弟から異議申し立てあり
※ランキングはMotoGP方式

Windows 8スレートPC(タブレット)を再検証する①

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10 完全制覇パーフェクト [新] Windows 10 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る 最新 "Windows 10" 解説書! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windows 8対応のスレートPCを再検証してみよう。
ちなみにWindows 8の規格に準拠したタブレット/スレートPCは現行機種ではほとんど存在しない。

Windows 8タブレット解説

これはWindowsの載ったスレートPC自体が少ないという事実もあるのだが、Windows 8の規格として「1366×768ドット(16:9)」という、今までのPCから考えるとやや変則的な解像度を要するため希少な存在なのだ。
(ちなみに1280×800ドットではWindows 8が動かないということではない、スナップ表示を行うには1366×768ドット必要ということだ)

Windows 8タブレット解説

また、スレートPCとしてWindows 8規格準拠ということを踏まえた場合「ホームボタン」の存在も必要になる。

このホームボタンはiPadは「縦置き時に下側」に配置されるのに対し、Windows 8準拠のスレートPCは「横置き時に下側」に配置されるため、いわゆる「横置きで使うのが基本」となっていることがわかる。

Windows 8タブレット解説

ちなみにWindows 8準拠スレートPCでは、「自動回転ロックボタン」を備えることも基本とされているため、逆に言えば自動回転に対応し、縦表示も対応している。

Windows 8タブレット解説
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 New!!
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本   
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! 基本操作はもとより、出先での通信手段の確保、使い勝手を向上させる各種カスタマイズ、効率的なデータ管理、各種周辺機器の活用やクラウドサービスとの連携など、Surfaceを役立てるありとあらゆるTipsを多数紹介しています。Windows 10搭載のすべてのSurfaceユーザーにご利用いただけます。
ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200! 日経BP ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200!   → [■全目次一覧(内容詳細)■]
『信頼+実績』の[日経]+[マイクロソフトMVP×2]の大好評シリーズ「ひと目でわかる厳選200」のWindows 10対応版。ポイントとなる新機能や覚えておきたいショートカット、各種カスタマイズについて、画面や図を交えながらわかりやすく解説。本書を読めばWindows 10を快適に利用できるようになります。
Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応 ネットワーク 上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応   
10だけではなくWin 8.1/7にも完全対応! ルーターの詳細設定&最適化 無線LANパフォーマンス&セキュリティの追求 共有フォルダー設定とセキュアな管理 DLNA(DTCP-IP)によるメディア共有 ダイナミックDNSによる遠隔アクセス iOS&Androidからのファイルアクセス&メディア再生 資格情報によるスムーズなアクセス Windowsファイルサーバーの超低コスト構築&管理 リモートコントロール&リモート電源 Windows 10 MobileのMiracast/Continuum ネットワークカメラによる遠隔監視 グループポリシー&レジストリカスタマイズ 物理ネットワーク配線最適化&二重ルーターの解決

このWebについて

    このWebは Microsoft MVP (マイクロソフトが認定したITプロ)によって運営されています。
    Windowsの情報源としてお役立ててください。

    ※ブログサイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体の方は事前にご連絡願います)。

    ※セミナー依頼や執筆関連業務のお問い合わせは toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。